日に日に存在感を増しつつある、コンテナオーケストレーションシステムKubernetesですが、その機能や便利さだけでなく、名前の読みにくさもしばしば話題になります。

みなさんは「Kubernetes」をなんと読んでいますか?

正しい読み方について、調べてみました。

1.   Kubernetesについて

Kubernetesは、Docker等でコンテナ化したアプリケーションの管理・デプロイを自動化する、コンテナオーケストレーションシステムです。

ひと言では伝わりにくいと思いますので、参考のために、信頼のおけるサイトの説明を引用しておきます。

既によくご存知の方は読み飛ばしてください。

Wikipediaは「コンテナオーケストレーションシステム」と表現しています。

Kubernetesは、コンテナ化したアプリケーションのデプロイ、スケーリング、および管理を行うための、オープンソースのコンテナオーケストレーションシステムである。

Kubernetes(Wikipedia)

Kubernetesの公式サイトや公式ドキュメントでは、コンテナ化されたサービスを管理するためのプラットホームと表現しています。

Kubernetes (K8s)は、デプロイやスケーリングを自動化したり、コンテナ化されたアプリケーションを管理したりするための、オープンソースのシステムです。

Kubernetes(公式サイト)

Kubernetesは、宣言的な構成管理と自動化を促進し、コンテナ化されたワークロードやサービスを管理するための、ポータブルで拡張性のあるオープンソースプラットホームです。

Kubernetesとは何か?(公式サイト)

1.1.   どんなことが出来るのか?

Kubernetes公式サイトの記述が参考になります。詳しくは引用元リンクを参照してください。

Kubernetesを使用すると、コンテナ化されたアプリケーションをいつでもどこでも好きなときに実行できるようになり、それらが機能するために必要なリソースとツールを見つけやすくなります。

Kubernetesはどんなことができるの?

Kubernetesは、コンテナを中心とした管理基盤です。ユーザーワークロードの代表格であるコンピューティング、ネットワーキング、ストレージインフラストラクチャのオーケストレーションを行います。それによって、Platform as a Service(PaaS)の簡単さの大部分を、Infrastructure as a Service(IaaS)の柔軟さとともに提供し、インフラストラクチャプロバイダの垣根を超えたポータビリティを実現します。

なぜKubernetesが必要で、どんなことができるのか?

2.   「Kubernetes」という単語の意味

「Kubernetes」は、ギリシャ語で航海長やパイロットを表す単語だそうです。

Kubernetes という名前はギリシャ語で 操舵手 や パイロット という意味があり、知事 やサイバネティックスの語源にもなっています。

Kubernetesとは何か? - Kubernetes

3.   実際の発音を聞いてみる

3.1.   英語圏の方の発音1

この方は、「クバネティス」に近い発音です。

3.2.   英語圏の方の発音2

この方は、「クーバネティス」に近い発音です。

3.3.   日本語圏の方の発音

この方は、「クーバネティス」です。

4.   まとめ

Kubernetesの発音は、「クーバネティス」あるいは「クバネティス」で良さそうです。

但し、元のギリシャ語の発音を真似るともっと違う発音になるようなので、ギリシャ語圏の方と会話する際はお気をつけ下さい。